イメージ

ドッグフードの法的な位置づけによる安全性

2007年メラミン混入事件が起き、その後ようやく日本で初めてペットフードの法律ができました。
[愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律]という名の法律です。
喜ばしい事ですが、その中で疑問点・問題点も見えてきます。
その中を見ますと、原材料名(原則的に添加物を含む全ての原材料を表示)となっておりますが[原則的に]とはなんでしょう?
特例のある時は表示しなくてもOKという事ですね。
又ペットフード安全法では、原産国名(最終加工工程を完了した国)となっておりまして、[包装詰め合わせの作業は、最終加工工程には含まれません。]とあります。
つまり海外で加工されたドッグフードを日本に輸入し、日本で包装・詰め合わせしただけのドッグフードは、国産とはなりませんという事。
しかし、海外で粉末にして加工された原料の状態で日本に輸入し、日本で加工したドッグフードは[国産]となります。
成分規格から見ますと、ドッグフードに防腐剤を使用する事を承認しております。