イメージ

犬に重要な栄養素とビタミン摂取の必要性

  • 犬に必要な栄養素
  • たんぱく質・脂肪・炭水化物・ビタミンA・ビタミンB1・B2・B6・ビタミンD・ビタミンE・ミネラル類・水。
    ビタミンCは 体内合成できる為欠乏はあまり起こりません。

  • 犬に重要な栄養素
  • 動物性たんぱく質です。タンパク質はアミノ酸が結合したもので、2種類ございます。
    体内合成が可能な非必須アミノ酸と体内合成できない食事による摂取が必要な必須アミノ酸です。
    たんぱく質は脳髄・神経・皮膚・筋肉・血液・臓器・毛・爪・ホルモン・酵素など細胞・組織・体液等を作るのに重要な材料となります。
    エネルギー代謝でも活躍します。
     
  • 水の重要性
  • 食物の中の栄養素を体の中に運ぶ・体温調節・不要なものを排泄する機能もあります。

  • 欠乏症・過剰症
  • ビタミンA欠乏症: 網膜変性・角膜障害・毛づやがなくなる・体重減少・食欲減退など 。
    ビタミンA過剰症:骨の脆弱・知覚過敏・食欲減退・体重減少など 。
    ビタミンB1欠乏症:食欲減退・体重減少・嘔吐・疲労・脱水・衰弱など 。
    ビタミンB2欠乏症:口内炎・脱毛・皮膚炎・食欲減退、体重減少など。
    ビタミンB6欠乏症:貧血・疲労・神経過敏など。
    ビタミンD欠乏症:クル病・骨や歯の形成異常・筋肉の弱体・関節炎など。
    ビタミンD 過剰症:高カルシウム血症・下痢・脱水・体重減少など。
    ビタミンEの欠乏症:繁殖障害・黄色脂肪症など。
    犬は、ビタミンCを体内合成できますので欠乏はあまり起こりません。

    安心安全ドッグフードを与えましょう。
    また、こちらのドッグフードの選び方柴犬のためのドッグフードについても参考にご覧ください。