イメージ

ドッグフードセレクト時のポイント[2]

  • 犬の肥満対策としての食事療法食
  • 低カロリーでダイエット向きのドッグフードの中から選びましょう。
    犬が肥満傾向にある場合は、低カロリー・低たんぱく質のお食事を与え改善されるといいと思います。
    犬たちもそれぞれ個性があり体質が異なりますので、アレルギーの有無等も考慮する必要があります。
    また年齢別のドッグフードも考慮しましょう。

  • 涙やけでお困りの犬・足腰が弱くなった犬
  • 鹿肉ドッグフードを与えて頂く事をお勧めします。
    進化しましたが、犬の祖先はオオカミでございます。
    オオカミがよく食べてきたのは、鹿などの動物でした。
    ですから鹿肉を与えますと犬本来の生命力が強化されます。

  • 予防医学を取り入れた安心安全なドッグフード
  • 現在、[野生だった時の犬が自然界で食べていた時のお食事に可能な限り近づけ、犬本来のDNAを辿りその生命力を強化していく!]という視点から作られたドッグフードがございます。
    人工的に合成された添加物不使用!ナチュラルな素材から作っているというドッグフード。
    予防医学を取り入れ、穀物不使用ココナッツオイル使用のアルカリ性のドッグフードも誕生しております。

    開封したフードをそのまま長時間置いておくとカビが発生したり腐敗してしまう事もあります。
    保存期間・保存状態・保存場所にも注意し、清潔なドッグフードを大切な犬に与えてあげて下さい。
    また、手作りのドッグフードについての記事も参考にご覧ください。